キーワード選定をして検索の上位を目指そう

本日は先輩のKさんにSEO対策について、いろいろヒントを教えていただいたので
皆様にお伝えさせていただきます!

今回はSEO対策でもかなり重要な「キーワード」についてです!

グーグルに検索する際にキーワードを入力して検索するのは皆様ご存じの通りです

キーワードをしっかり設定してあればグーグルは認識してくれます。

逆にキーワードを設定してなければ上位に表示されることもありません。

例えば・・・「新宿 ランチ」と調べたとき、あなたは下記の二つのが表示されたら
どちらをクリックされますか?

1.「私のおすすめランチベスト10」
2.「友達・カップルで行ける新宿のランチ特集」

「新宿 ランチ」で検索したのですから2の「友達・カップルで行ける新宿のランチ特集」は気になりますよね

このように見る側(ユーザー)がキーワードを入力してアクセスするわけですから、ユーザー目線でキーワードを
設定することが大切です。

重要なのはユーザー目線でキーワードを設定することです

キーワードのポイント

1.表示させたいキーワードはタイトルに入れる
2.タイトルと内容を合わせよう
3.見出しにキーワードを入れよう
4.内容に共起語を入れよう

1.表示させたいキーワードはタイトルに入れる

内容のタイトルには必ずキーワードを入れることが大切です

例えば・・「ランチ」というキーワードを上位に表示させるためには「ランチ」という言葉を内容のタイトル(title)に含ませる必要があります。
グーグルも見る側(ユーザー)も「ランチに関する内容だ!」と認識してくれます。

潜在的に見る側(ユーザー)が検索することをくみとってタイトルをつけるとなお、良いです!

上記の「ランチ」を例で言うと、どういったランチを探したいのか?どこのランチを検索したいのか?など考えてタイトルを決め宇rことが大事ですね

 

2.タイトルと内容を合わせよう

20180312_02

当たり前のことですがタイトルと内容が合ってなければ意味がありません

「池袋の700円以下のランチ特集」とタイトルをした場合、池袋のランチをされているレストランで700円以下で行っているところをお伝えすることが大切です。
見る側(ユーザー)が求められているので、タイトルと内容が合っていれば必然的にユーザーの満足度が高まり、上位の表示もしやすくなります。

内容を作る際は、内容とタイトルを合致しているか?確認して公開しましょう

 

3.見出しにキーワードを入れよう

見出しとはh2、h3、h4のキーワードを入れながら構成をするのがポイント

見る側(ユーザー)もわかりやすく仕上がり、seo対策には大切な1つです。

 

4.内容に共起語を入れよう

内容にに共起語を入れる?と言うことは・・・関連したキーワードを入れることです。
共起語は上位表示したいキーワードとセットで調べられるキーワードのことです。

例えば・・・「ランチ」というキーワードを入れると下記のようなセットで調べられる方が多いことがわかります。

ランチ 東京
ランチ 近く
ランチ おすすめ
ランチ 現在地
ランチ 新宿
ランチ レシピ
ランチ バイキング
ランチ 食べ放題
ランチ 銀座
ランチ 渋谷

「ランチ」というキーワード対して、こんなに多くの存在的な検索があることがわかりますね
共起語をすべて入れる必要はありません。

こういったキーワードを含ませるのはとても効果的です。

 

まとめ

あくまでも、K先輩も言ってましたが、SEOは総合評価です
様々なことが考慮され、順位が決まります。

 

**************************

東京・新宿 格安ホームページ制作ならアットウェブサイト

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-11-12永谷テイクエイト9F

受付時間: 平日 AM 10:30 ~ PM19:00

電話番号:03-6273-1200

公式ホームページを見たい方は>>>こちらをクリックしてください

**************************